電話番号 メールフォーム
maeda

Home >  鍼灸 > セルフ灸のやりかたー棒灸編②棒灸の火消しー

セルフ灸のやりかたー棒灸編②棒灸の火消しー

カテゴリー:鍼灸

2018年12月7日

棒灸は1本を使い終わるには随分時間がかかります。

毎日そんな時間お灸をすることは困難です。

お水をかけると次に使うのに難しくなります。

そこで一工夫します。
①で準備したアルミ箔を2つ折りにします。

写真のように、2つ折りにしたアルミ箔の輪の方から巻いてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のように端まで巻いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

巻き終わったら、棒灸を抜いて終了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お灸が終わったら、この筒に入れておくと酸欠になり火が消えます。

ただ、アルミなので熱を伝えます。灰皿等に置いて、熱で回りのものを焦がす等のないようにご注意願います。


ブログトップブログトップ