電話番号 メールフォーム
maeda

Home >  鍼灸 > ものもらい

ものもらい

カテゴリー:鍼灸

2021年3月28日

先日、朝起きたら右の下瞼が腫れて赤い。

よ~く見てみると、どうやら 俗に言う “ものもらい” のようでした。

人生で初めてのものもらい。とこの時は思っていたのですが、あと~~~~で思い出したのですが、22歳(助産婦学校の時)の時に1度経験していました。

昼頃には、だいぶ腫れが大きくなってきていました。

瞼を強くつぶるると痛みもあります。

これは、お灸するしかないと、早速自分でお灸をしました。

右の人差し指のツボにお灸をします。

しかし、右手にお灸をするのではやりづらい。ということで、せんねん灸の奇跡を使ってみました。

私は、棒灸を使用していますが、この時にはお試しにと思ってチャレンジ。

火をつけて貼るだけなので簡単ではあります。

1つ終わって温かさがなくなったら、さらに貼り替えてということで、5つ行いました。

しかし、なんとも物足りないさが残ります。

そこで、今度はやはり昔ながらのお灸(点灸)にチャレンジ!!

このお灸は、左手でもぐさ(お灸の材料)をこよって、米粒半分くらいの大きさにちぎり、ツボに乗せます。

右手で、ちぎった後に左手に持ち替えて、右の人差し指に乗せるという、なんとも面倒くさい工程でした。

乗せた後は、お線香で火をつけます。

これをした後に、鏡を見ると・・・・腫れがだいぶ引いています!!

結構、即効性がみられました。

しかし、数時間後にはやはり少し大きくなっています。

きっと、この時は急性期だったのだと思います。

それで、また夜に点灸をしました。

やはり、お灸をすると腫れが小さくなります。

明日の朝を楽しみにして、就寝。

お灸の力、恐るべし!と思った1日でした。

続きは、後日。。。。。お楽しみに。


ブログトップブログトップ

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

営業日

2024年6月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930